SUICA、ICOCA、PASMOの違いとデポジット

PASMO、SUICA、ICOCAとも、それぞれ主な交通機関で利用できますが、細かい部分で利用可能な機能に違いがあります。

OL画像

PASMOは私鉄系が発行しているカードなので、私鉄PASMO導入路線のみで定期券を発行できます。都営交通にはポイントサービスが付与されるなどの特典機能もついています。私鉄各社は自社系PASMOを使っている人にポイントが溜まるサービスをしている場合もあります。

また、駅自動改札でPASMOを使って入場すると通過状況がメール配信されるサービスもやっています。最近子どもが携帯電話を持つようになってきたので、あまり必要ないサービスかもしれませんね。したがって、WEBで利用履歴確認できましたが、サービスを終了したようです。

SUICAはJR東日本が発行しているカードで、ICOCAはJR西日本が発行しているカードです。JRとそれの乗り継ぎの私鉄や地下鉄などの定期券を発行しています。チャージをJR東日本・西日本エリア内でJRのクレジットカード・ビューカードからすることが可能です。特定の加盟店を利用すればポイント付与されます。

SUICAやICOCAには「モバイルSUICA、モバイル ICOCA」というカテゴリーがあり、携帯端末での利用、利用履歴確認、モバイルSuica 特急券サービス(JR 東日本・西日本内新幹線指定席を通常の自由席料金よりも安く購入できるサービス)、エクスプレスICサービス、などの特典機能があります。この場合携帯端末にそうした機能がついていなければなりません。

これらのカードは多少違いがあるようですが、基本的にはほとんどの交通機関で利用できるため便利です。また、どのカードも500円のデポジットがかかるのも同じです。

交通系相互利用ICカードとは?

交通系相互利用ICカードとは、JRや私鉄各社の出資会社などが運営するカード会社が発行するカードです。

電車

こうしたカードを持っていれば専用の機械にカードをかざすだけで、私鉄、JR、地下鉄、バスなどにお金をその場で用意することなく利用できるというものです。タダで乗れるということではなく、プリペイド式ですから、持っているICカードが残高を記憶してくれているのです。

有料のプリペイドカードというと、昔のテレホンカードを思い出しますが、あのテレホンカードのように使い捨てのカードではなく、カードにICチップが埋め込まれていますので、残高を記憶したり、残高を増やす手続きをすることもできます。残高を増やすときには駅構内などに配置されている専用のチャージャーと呼ばれる機械で1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の金種を挿入して、カードをタッチすればチャージができるようになります。

ものすごく便利なので、SUICA、PASMO、ICOCAなどのカードの利用者は現在5千から6千万人ほどになっているといわれています。ICカードが記憶をしてくれますので、その機能を利用して各種ポイントサービスや、ディスカウントサービスなどもやっています。さらにSUICAやICOCAは携帯電話のお財布機能と連動させることもできますので、ますます便利になっています。

こうしたカードは非常に便利なのですが、やはり一枚のカードの値段は効果なのでしょうね。一枚カードを発行するために500円のデポジットがかかるようになっています。しかし500円のデポジットでも永遠に使い続ければ、その500円で買い取ったことになりますが、海外に引っ越すなど必要がなくなる場合はカード返却すればお金が戻ってきます。

クレジットカードとデポジット

a1180_0044411316_mデポジットというのは、一般的にはお金を預けてなにか問題が起きたときにはその預かり金で処理をしますよ、という考え方です。

したがってデポジットはサービスや物件を利用する間、物損を起こしたりしたときの保障料ということです。

日本ではこのデポジットというのに、あまり馴染みがありませんでした。私が初めてアメリカへ遊びに行ったのが1980年代半ばですが、その時安宿に宿泊するときに必ずデポジットを要求されました。

その当時のアメリカの安宿には、ものすごく品がないところが多かったので、宿泊料が20ドルでデポジットが75ドルなんていうところでは、逆にお金が戻ってこないんじゃないかと思ったこともありました。

しかしそんなことはなかったわけですが、日本人にデポジットの感覚がその当時なかったため、そんな気持ちを盛ったのではないでしょうかね。

日本では昔から人を信用するところがあります。これを美徳という人もいますが、現在の契約社会でこうした美徳を通す人は少ないでしょう。

なぜなら詐欺にあってしまう可能性が大きいからです。実際に日本人は騙しやすいということでオレオレ詐欺などが流行っていますが、やはり被害に会う人の比率はデポジット世代ではない年配の人たちが多いようです。

人を信用するのはいいですが、今の時代・世界情勢から見て日本人はあまりにも無防備すぎるようです。

クレジットカードは発行するときに氏名、年齢、住所、電話番号などの個人情報をカード会社に送っていますので、クレジットカードがIDになるわけです。

顔写真がついていないので完全とはいえませんが、クレジットカードの場合は、とりあえず支払われる側はお金が入ってくると信用できるわけです。

ですから大抵のクレジットカードを持っていれば、デポジットを要求されることはないようです。

そこで、おすすめしたいのが、信頼もありポイント還元率が一般的なクレジットカードの3倍以上もある凄いREX CARD(レックスカード)です。

レックスカードをメインで使うことで、私はずいぶんポイントが貯まりお得感を得られています。

あ、1つ忠告しておきます。
クレジットカードを使いすぎないように注意しましょう。
と言うか、クレジットカードは使いすぎてしまう傾向があります。
クレジットカードで買物をすると、手元にはまだ現金はあります。
現金が減らないと、お金がある、と錯覚してしまい、ついついいつもよりも買物をしてしまいがちになるのです。

わたしの知人は、クレジットカードを使いすぎて、給与だけでは返済しきれなくなりました。
結果、家賃も払えなくなりました。
生活できなくなり夜逃げのようにいなくなってしまったのです。

もし、この知人が債務整理をしたらよい、という知識があれば、夜逃げせずとも生活を建てなおせたのですが残念です。
最近では、というか昔からかもしれませんが、債務整理の相談というのは、無料で弁護士や司法書士に相談にのってくれるところがたくさんあります。

そうです。借金返済に強い弁護士や司法書士を探すのです。

債務整理することで借金がゼロになる場合すらあるそうです。

話がそれてしまいましたが、もし、借金に困っている人がいれば、債務整理の相談を弁護士や司法書士にすると良いでしょう。