SUICA、ICOCA、PASMOの違いとデポジット

PASMO、SUICA、ICOCAとも、それぞれ主な交通機関で利用できますが、細かい部分で利用可能な機能に違いがあります。

OL画像

PASMOは私鉄系が発行しているカードなので、私鉄PASMO導入路線のみで定期券を発行できます。都営交通にはポイントサービスが付与されるなどの特典機能もついています。私鉄各社は自社系PASMOを使っている人にポイントが溜まるサービスをしている場合もあります。

また、駅自動改札でPASMOを使って入場すると通過状況がメール配信されるサービスもやっています。最近子どもが携帯電話を持つようになってきたので、あまり必要ないサービスかもしれませんね。したがって、WEBで利用履歴確認できましたが、サービスを終了したようです。

SUICAはJR東日本が発行しているカードで、ICOCAはJR西日本が発行しているカードです。JRとそれの乗り継ぎの私鉄や地下鉄などの定期券を発行しています。チャージをJR東日本・西日本エリア内でJRのクレジットカード・ビューカードからすることが可能です。特定の加盟店を利用すればポイント付与されます。

SUICAやICOCAには「モバイルSUICA、モバイル ICOCA」というカテゴリーがあり、携帯端末での利用、利用履歴確認、モバイルSuica 特急券サービス(JR 東日本・西日本内新幹線指定席を通常の自由席料金よりも安く購入できるサービス)、エクスプレスICサービス、などの特典機能があります。この場合携帯端末にそうした機能がついていなければなりません。

これらのカードは多少違いがあるようですが、基本的にはほとんどの交通機関で利用できるため便利です。また、どのカードも500円のデポジットがかかるのも同じです。